斬新なパチンコ仕様!ネットカジノファン大騒ぎ!オンラインカジノにも入れて欲しいゲーム!

パチンコ台のシリーズとしてトップクラスの人気を誇る「牙狼」のカフェがオープン。

GARO PROJECT-牙狼<GARO>公式サイト」が223日~41日まで「『牙狼<GARO‐VANISHING LINE‐』とのコラボ喫茶を池袋315で行うとの情報を公開。

牙狼VLの世界を、アニメモチーフのメニューや登場人物にまつわる飲み物などによって堪能することができます。また、オリジナルプレゼントもありますので、ファン垂涎のコラボカフェになることでしょう。誰もが来店できるので、パチンコ好きの間でも話題になっているようです。

ところで、パチンコ「牙狼」を生み出したサンセイR&Dが、25日に「CR彼岸島」を登場させました。「斬新なパチンコ体験」ができる機種として話題を集めています。オンラインでも遊びたい!とネットカジノファンが大騒ぎ!オンラインカジノにも入れて欲しいとツイターで話題になってます。スロットはインターネットカジノで人気だが、パチンコゲームを作成するゲームプロワイダーが中々少ないのです。ネットカジノについてはこちらからご覧ください

一番の魅力は「プレイヤー自身の戦略で出玉をゲットできる」という部分です。

通常時から右打ち「師匠ルート」左打ち「明ルート」をチョイスすることができ、どちらを選ぶかでゲーム性がガラリと変わります。

「明ルート」はオーソドックスななV-STであり、ST継続率64パーセント・ST突入率80パーセント。そして「師匠ルート」は50パーセントで4R600個・16R2400個のどちらからを獲得できる代わりに時短や確変への突入がないという非常にユニークなゲーム性となっています。

「師匠ルート」は、左打ちよりも圧倒的にスタート回転率が良いので、ササっと勝負を決めたいときにおすすめ。時間にゆとりがあれば「明ルート」で連チャン狙い、そうでなければ1回の当たりでフィニッシュする「師匠ルート」……という風に、プレイヤーの裁量が大きく影響するこのシステムは「パチンコの斬新な概念」だと言えるでしょう。

一番興味を集めているのはやはり「どちらを選ぶべきなのか」ということのよう。どうせなら「師匠ルート」を体験してみたいという方が多いでしょうが「安定して出玉が確保できる」「楽だし気に入りそう」という声もあれば、「演出がほとんどないから地味」「4Rが出過ぎて辛い」などのネガティブな声も少なくありません。

パチンコ屋へ行けない方は是非インターネットでオンラインカジノを体験してみて欲しいです。ライブカジノもあるので、すごいカジノ感満々です!ディーラーとの会話もできちゃいます!