先行上映会イベント オフィシャルレポート

「牙狼<GARO>‐VANISHING LINE-」(10月6日よりテレビ東京ほかにて放送予定)先行上映会&トークショーが9月29日、新宿バルト9で行われ、魔戒騎士・ソード役の関智一さん、魔戒法師・ルーク役の島﨑信長さん、そして朴性厚監督が登壇しました。

まずは主演の関さんが、「僕はアニメ版『牙狼<GARO>』の第1作から関わらせていただいているんですが、最初はホラーの役で、第2作では悪者の親分役でした。3作目にしてようやく黄金騎士・ガロになりました。出世しましたよね」と感慨深く語られ、「『牙狼<GARO>』ってスタイリッシュな作品ですが、情に厚いところがあって。キャストが劇団化しているから、結束が固いんです。内容は殺伐としていますけど、現場はあったかい感じで進んでいます」とコメント。

一方の島﨑さんは本作が「牙狼<GARO>アニメシリーズ」初参加。「このたび『劇団牙狼<GARO>』に入らせていただきました」と笑顔を見せた島﨑さんは、「先日、第1話、第2話と観ましたけど、めちゃくちゃカッコよくて。絵もすごく綺麗でした。(関さんの演じる)ソードが豪快な分、僕が演じるルークは対をなすキャラクターになっています。ルークはクールなんです(笑)。彼は前に出てガンガン戦うタイプではないけど、後方支援に長けていて、ソードが暴れた後の事後処理をしていたりもします」とルークの役柄を解説。

関さん、島﨑さんのほかにも、釘宮理恵さん、小清水亜美さんなど豪華声優陣が集結する本作。朴監督は、アフレコで気に入った声優の芝居があると、その芝居に合わせて絵を改めて修正するほどに、声優の芝居に入り込んで作っているという。朴監督が「それくらい今回のメンバーがすばらしいんですよ」と称賛すれば、「本当に関さんはすごい」と続けた島﨑さん。すると関さんは「そう、僕はすごいんです。前線でやっていますから。こんなすごい声優はなかなかいないですよ」と冗談交じりに自画自賛をはじめ、会場は大笑い。さらに、「すごい監督と、すごい声優と、すごい司会。そしてすごい会社がすごいアニメーションを作っていて。そしてなんといっても皆さんがすごいお客さんですからね!」と付け加えると、会場は大いに盛り上がりました。

イベントの最後には、島﨑さんが「この作品は台本を読んだ時点で面白かったけど、出来上がった作品は想像を超えた良さでした。今も順調にアフレコが進んでいますが、本当に熱くてカッコいいシーンが多い。オンエアが楽しみです」と会場に呼びかけると、関さんも「朴監督は、特にアクションシーンの演出が得意な監督なのですが、濃密なアクションが詰まっています。夜遅い時間ですが、目が覚めるようなアクションを楽しめると思います」とコメント。それを受けた朴監督も「制作会社の社長から、もうこれで引退するんじゃないですか、と言われるくらいに、僕がやりたいことを詰め込んでいます。アクションだけでなく、人間ドラマなどいろんなジャンルの物語が詰まっていますので、ぜひ最後まで観ていただければと思います」と観客にアピールし、この日のイベントを締めくくりました。